スクリーンショット 2017-02-20 12.33.10
ウェブサイトをリニューアルしました!
2015年7月28日
photo3
「STONE & CLOTH」
2017年2月10日
Show all

「本田圭佑が創ったグローバルスタンダードなネクタイ」2016年debut

スクリーンショット 2017-02-10 14.11.29

等身大の本田圭佑が投影された〈KSK〉

今春、セリエA・ACミランに所属する本田圭佑は自身の生き方やライフスタイルを多彩なアイテムで表現するブランドをローンチした。自らの名前KeiSuKeに重ね合わせた彼が信念に挙げる「Knowledge」「Superior」「Kindness」の頭文字をブランド名に冠した〈KSK〉だ。

〈KSK〉はファッションブランドではない

〈KSK〉は着飾るためのアイテムだけを創るファッションブランドではない。世界を舞台に活躍する本田が長い海外での選手生活から見出し実践している生き方のプリンシプルは 『人に優しく、気遣いができること』。それは本田が考える真の男の条件、ジェントルマン・クオリティでもある。そのエレメンツを宿すアイテムを身につけることで、サッカーやスポーツを愛するジェネレーションを超えたすべての男たちが世界に通用するジェントルマン・クオリティを嗜みとしてくれることを望み、本田が築き上げたライフスタイルブランドが〈KSK〉なのだ。

ネクタイにこそ人生観が発露すると〈KSK〉は考えた

〈KSK〉が手がけるアイテムの第一弾はネクタイだ。TPOに合わせた色柄の選び方、そして結び方 ─ ネクタイは身につける者の生き方や価値観が映し出される。サッカー選手として、ビジネスマンとして、そしてひとりの男として、本田が日頃からネクタイを選び結ぶ際に意識していることでもある。彼は、これまで出会った世界中のジェントルマンたちを通じて、ネクタイをきちんと意思をもって身嗜みに落とし込んでいる男は素晴らしい人生観をもっていることを実感しているからだ。言い換えれば、本田はネクタイ、シャツ、ジャケットで構築されるVゾーンを見ればその者の人生観を窺い知ることができると考え、その核となるアイテムともいえるネクタイを〈KSK〉のファーストアイテムとしたのだ。それゆえに、〈KSK〉のネクタイは着こなしやすく結びやすい素材やデザインに徹底したこだわりをもって作られている。

ジェントルマン・クオリティを支えるニッポンのモノづくり

タイドアップした着こなしに品格を添えるとともに、滑りよく結ぶために吟味された上質なシルク生地。また、それら素材の持ち味に合わせて熟練職人の手作業によって繊細に匙加減される丁寧な縫製は美しい結び目を形作ってくれる。見映えのよいVゾーンを演出できるように素材の調達や生産を可能な限り日本で行っている〈KSK〉のネクタイは、本田が世界標準と認め、未来へ受け継いでいくべきだと考えるジャパン・クオリティのモノづくりの奥深さを伝えるハイグレードなアイテムとして世界に発信されていることも特筆しておきたい。

ジャパン・クオリティが息づき、ジェントルマン・クオリティを導く、〈KSK〉のネクタイはBEAMS JAPANをはじめとした全国の有名ショップや専門店で販売されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です